フラット35を利用する前に|つなぎ融資の利息計算などは入念に

MENU

電卓

時間が無い方はスマホから

ネットキャッシングは、パソコンやスマホからいつでも申込みできます。キャッシング会社のホームページにアクセスし、申込みができ審査、契約が完了すると、本人名義の銀行口座に希望の融資金額を振込してもらうことができます。

円

注文住宅購入予定の方に

マイホームに注文住宅を希望されている方は、フラット35などのほかにつなぎ融資の利用も検討しましょう。特に自己資金に余裕がない方は、様々な金融機関のつなぎ融資を比較検討して、なるべく自分の状況にマッチしたものを選ぶことが大切です。

お金

自宅にいながら申込み

ネットキャッシングは、来店をしなくても自宅からいつでも気軽に申込みができるので人気があります。また、ネットキャッシングの商品によってはカード発行なし自宅への書類郵送もなしで家族にバレる心配がない商品もあります。

財布

住宅の着工金を賄う方法

住宅を建てる場合には長期で固定金利が使えるフラット35が有利です。ただし建物が完成して引き渡しの時に融資が行われます。そのため土地代金や着工金の支払は、銀行などのつなぎ融資を利用します。この場合、完成引き渡しの時に繋ぎ融資分を全額返済するという方法を取ります。親兄弟から借りるという方法もあります。

女性

ネット申込みで来店不要

ネットキャッシングは、時代に合わせてどんどん便利になっていっています。かつては、ネットで申込みができるだけで契約には来店が必要でしたが、現在ではスマホやタブレット、PCから申込みから契約まですべてねとで完結します。

完成前の費用を手配

貯金箱

あくまでも住宅ローン

マイホームの購入時に必ず必要になる住宅ローンですが、様々な種類があることをご存知ですか。建売住宅や分譲マンションの場合は完成品を購入することになりますので、フラット35などを利用して月々の返済を行なうことになります。一方、まず土地の購入から始める予定の方や注文住宅を建てる方の場合、手付金と称して着工金や中間金を施工業者に支払う必要が出てきます。マイホーム購入代金の一部ですから、それなりにまとまった資金が必要です。フラット35に代表される一般的な住宅ローンは竣工後に融資が開始されるため、完成前の費用をカバーすることができません。そんな時に利用するのがつなぎ融資です。つなぎ融資はフラット35などの住宅ローンの融資が開始されるまでの費用を賄うための住宅ローンです。つなぎ融資も住宅ローンですから、金利や手数料が発生することに注意してください。利用する金融機関によって異なりますが、変動金利が適用され、特定の優遇処置はありません。例えば基準金利が2.3%に設定されている銀行であれば、その付近の金利が適用されることになります。事務手数料についても様々ですが、多くの場合は住宅ローン手数料の半額程度に設定されています。つなぎ融資を利用して資金を借り入れる期間はフラット35に比べて短いですが、金利を負担するからには無視できない金額になります。利用にあたっては利息計算や返済計画を入念に吟味することをお勧めします。

Copyright© 2018 フラット35を利用する前に|つなぎ融資の利息計算などは入念に All Rights Reserved.