ドライバーだけじゃない!宅配ビジネスに関わる仕事

どんな仕事があるのか把握しよう

正しく分別しないと困る

配達先を確認しよう

利用者から受け取った荷物は、まず1か所に集められます。
そこで今度は、配達先ごとに種類を分けます。
違う地域の荷物が一緒になると混乱するので、的確に分けなければいけません。
利用者が記入した用紙に、送り先の住所が記載されています。
それを見ながら分別しましょう。
また用紙には、荷物の種類も書かれていることが多いです。

ガラス製品や陶器製品は割れやすいので、特に大切に扱わなければいけません。
そのような種類名が書かれていたり、割れ物注意と記載されたりしていた場合は、ゆっくり運んでください。
運んでいる最中にトラブルが起こって、荷物が破損した場合は責任を問われるかもしれません。
そのようなトラブルが起こらないように、集中して仕事に取り組みましょう。

冷蔵する荷物に注意しよう

中には食品を、宅配で送る人も見られます。
その場合は食品が腐らないように、冷蔵機能の付いているトラックで運ぶ必要があります。
要冷蔵と用紙に書かれているはずなので、そのような記入があったら必ず普通の荷物と分けてください。
生鮮食品を常温のトラックに入れていると、状態が悪くなってしまいます。

荷物を分別するなら、情報をしっかり読むことが大切です。
1日に配達しなければいけないノルマがあるので、焦っているかもしれません。
ですが焦るとミスを犯してしまいます。
特に働き始めた頃は、荷物の分別に時間が掛かるでしょう。
ですが慌てないで、間違えないことを優先してください。
仕事に慣れてくると、徐々にスピードアップします。


この記事をシェアする