フラット35を利用する前に!つなぎ融資を利用して資金を借り入れを

MENU

住宅の着工金を賄う方法

財布

完成時に全額返済する

マイホームを建てる時に利用するのがフラット35です。固定金利で長期のローンが組めるので返済しやすく、建築資金を抑えることができます。基本的にフラット35はつなぎ融資に使えませんが、銀行や金融機関によっては独自につなぎ融資を使える場合があります。例えばフラット35では住宅が完成して引き渡しになる時に融資が行われます。その間に土地の購入代金が必要になった時につなぎ融資を利用できます。住宅の引き渡しまでの間をつなぐのでつなぎ融資と呼ばれるのです。また建築の着工金などが必要な場合もつなぎ融資を利用します。金融機関や銀行でこのようなつなぎ資金を取り扱っている場合、金利や手数料がそれぞれ違います。その点を比較して利用することが大事です。金融機関によってはフラット35を使う場合は手数料が無料になるキャンペーンを行っているところもありますので、そのような金融機関を利用すると有利です。つなぎ融資を受けるもう1つの方法は、銀行の住宅ローンを利用することです。土地代や着工金は銀行から借り入れて、建物の引き渡しの時にフラット35を利用して借りたお金でつなぎ融資の分を全額返済してしまうのです。こうすることによって高い金利を長く支払わずに済みます。1番良い方法はつなぎ融資分の資金を準備しておくことです。自分だけで準備できない時は親や兄弟から借りるという方法があります。住宅が完成してフラット35が適用されたら、借りたお金を全額返済すればよいのです。

Copyright© 2018 フラット35を利用する前に!つなぎ融資を利用して資金を借り入れを All Rights Reserved.